ロッケー式英語長文読解 講義を受けた人の感想は?

☑ 新しい長文の読み方を教えてもらって、かなり長文の苦手意識がなくなった。
(東京都江戸川区ITくん)
☑ 一文一文丁寧にやってくれたのでかなり良かったなと思います。 
(東京都江東区 IKくん)
☑ 要点がうまくまとめられててわかりやすかった。
(神奈川県・伊勢原市MSくん)
☑ 長文をこまかく分解して解説してくれたのでわかりやすかった。
(東京都小平市 NY くん)
☑ 勉強の仕方がわかった。一文一文の構造をハッキリさせていくことで深い理解が得られる。
(兵庫県加西市 TKくん)
☑ はじめて、まともに読解できた気がした。
       (静岡県御殿場市 TTくん)
☑ 細かくできたので良かったです。
(長野県駒ケ根市 HKさん)
☑ 読解力がよくなったと思う。
(島根県出雲市 ARさん)

 そして、直接、ロッケー式の講義をうけていたK 君。
 それまで、ほんの半年前、偏差値42だったK 君が、第一志望の某国立大学理学部の合格報告に来て、一言。 

「先生、英語が不得意だったら、英文読解から始めればいいのですね。
英語が読めるようになれば、文法も、単語も分かるわけだから。
文法問題集や、英単語集、イディオム集は、英文が読めるようになってから、はじめれば、短時間で一気に出来る。
まあ、僕は、結局、英単語集とイディオムは、最後まで、できなかったけれど・・・・・・」
  
「単語も文法も分からなければ、英文なんて読めるはずはない!」は、本当だろうか?

 確かに、そのとおり。

 突然、英語長文を与えられて、「さあ、読んでみましょう」といわれたって、読めるわけがないですよね。でも、彼が、出会ったのは、「ロッケー式英文読解法」。

 この授業を受け始めて、2回目のとき。

 「これなら、僕にでも読める!」と確信。
 「この方法だけに集中しよう!」そう思って、彼は、英単語集を捨てました。
 英文読解を文法用語を使って、説明を受けても、さっぱり分からないし、○×リーディングとか、テクニック的な参考書や講座は、あふれているけれど、これらは、ある程度英語が得意な人向け。

 けれど、そうでない人にとっては、いくらがんばっても、得点できません。

 しかも、受験の英語で求められているのは、かなり細かい部分まで、正確に読むこと。

 全体の趣旨を理解しただけでは、残念ながら、得点に結びつかないのです。
センター試験をはじめ、大学受験の英語は、かなり、細かいところ、微妙なところを聞いてくるので、丁寧に細かく読んでいかないと、点にならないのです。

 点にならなければ、行きたい大学にも合格しません。
 丸暗記した単語で、「なんとなく」全体の意味が分かったところで得点できません。

 そこで、生まれたのが、「ロッケー式 英文読解法」。
 この方法は、極めて英語が不得意な人向けの授業の中から生まれました。


今までの英語教材にはなかった「ロッケー式英文読解法の3つの特徴」は、

 隅から隅まで読んでいくので、当然、全体の内容は理解できる。

 何度も繰り返し聞くのではなく、1回聞けば済むように、編集されていること。(もちろん、復習は、3回行うことが望ましい。)

⇒もっとも、「予習してきなさい」と、簡単には言うけれど、英文読解で、そうカンタンに予習できるわけがない。きちんと予習しようと思えば多大な時間がかかってしまう。

【教材1】講座を始める前に 「ロッケー式・英文攻略ガイドシート」~ロッケー式で使用する6つの記号

 本科生を対象とした授業、合宿等で全国から集まった生徒を対象とした講 習など、これまでの体験を踏まえ、ロッケー式英文読解法のシステムを短 時間で習熟できるようにガイダンスします。1枚のシートに集約されてい ます。
【教材2】ロッケー式 授業動画 全39講×約60分(動画配信かDVD)
この授業 は、ロッケー式をマスターし、「英文が読めるようになる」ことを 目的としています。
 しかも、設問も隅から隅まで解説しているため、何度 も何度も繰り返し聞く必要がありません。「39講って多い」感じがする かもしれませんが、一通り聞けば、理解できる講義内容になっているので、 驚くほどスムーズに進むはずです。
【教材3】ロッケー式 専用テキスト4冊
英文の行と行の間には十分な幅があり、片面は白紙ページになっています。授業動画を受けながら、どんどん、書き込みが出来るようになっています。これらのテキストも、授業の中で、生徒とのやり取りの中で、生まれたものだから、とても効果的に編集されています。

  受講するかしないか、迷っている場合、そのことを考えること自体、無駄な時間となります。少しでも早く始めればはじめるほど、より第一志望大学に近づくのはいうまでもありません。
 大学受験まで、そう時間があるわけではありません。
 効果があるか、ないか。
 それは、実際に受講しなければ、分かりません。

 進学校でない県立高校で、238人の定員中、226番だったK 君。受験本番8か月前に、初めて彼とであったとき、あまりのレベルの低さ(失礼なのですが!)に愕然とし、高3にも、かかわらず、中1の2学期のテキストから初めて、センター本番では、179点で、見事、国立大学に合格しました。(学校の周囲の人も、親も、驚いていたそうです)

 また、H 君は、英語は不得意ではないものの、50番くらいから、1番へ一気に読解力がアップ。

 気軽に学習、しかし、スルドイ直感的解説だからわかりやすい。
 応用がきくのです。


 

 ロッケー式英文読解法に関しましては、内容の充実度からすれば、本当はすべきではないのですが、満足保証をつけております。

 ロッケー式英文読解法講座を購入後、第1講を受講して、実際に学習をし、万一、授業内容が自分に合わない場合は、第2講以降は受けないで、購入後8日以内に、ご返品ください。 当予備校にお支払いいただいた費用全額を、返金いたします。(返送料のみご負担ください

 該当箇所のテキストにカキコミをしてしまっていてもOK。つまり、あなたにとってリスクがほとんどないのです。


詳しくはこちら⇓

講座申込ページへ移動します↑ 

詳しくはこちら⇓

講座申込ページへ移動します↑