大学入学共通テストで高得点をとる秘訣

大学入学共通テストで高得点をとる秘訣

 あなたに十分な時間があって、大学受験の模試ですでに9割以上をキープしているならば、このページを読む必要はありません。

 でも、あなたがもし、英語長文読解があまり得意ではないならば…、 あるいは、英文はなんとなく読めるんだけれど、正解が得られない あるいは、ズバリ英語は嫌い!であるのならば、 この後、とても重要な内容をお伝えすることになります。

    英文をスラスラ読むためには、どうすればいいのでしょうか?

 しかも、読んで内容がなんとなくわかるだけでなく、紛らわしい設問にも的確に答えていくためには、何をすべきなのでしょうか?

    残念なことに、市販されている多くの参考書・問題集、一般的な予備校の授業の多くは、すでにある一定の読解力があることが前提となっています。

 パラグラフリーディングとか、○× 法則とか、言っていることは「なるほど!」と思うけれど、いざ自分で実行してみようとすると、「使えない・・・」、つまり、点に結びつかないことが多いのです。

 それで、それらの方法をあきらめ、次に考えるのが「自分には単語力がない、文法力がない・・・」と、英文読解を離れて、単語集や、文法問題集に突き進むのです。

 でも、いくら文法問題集をやっても、単語を覚えも、いつまでたっても、英文が読めるようにならない。確かに、「英単語を覚えていない」ことも、英文が読めない理由のうちの一つです。しかし、英単語をたくさん覚えたからと言って、正確に英文が読めるようになるわけでもありません。

 だから、英文読解問題で、高得点をとれるようにはなりません。

 大学入試英語の半分以上は読解問題なのです。 読解問題で合否が決まると言っても過言ではありません。    

  

 ズバリ、「ロッケー式英文読解法」です。

  英語が全く不得意という人から、「得意」という人まで、同じ方法で解説していきます。 高1レベルの英文であろうと、教科書レベルであろうと、大学入学共通テスト、難関国公立二次試験に至るまで、共通して得点が上がる方法です。

 テクニックというよりも、真に英文を読む実力が身につくので、「実力」があがります。

   「本当に成績が上がるの?」   こんな、感想をもたれる方が多いと思います。もしかすると、あなたも、ちょっとはそう感じているのかもしれません。違うのです。

 そういうことではないのです。

 もう少し、読んでみましょう。「なるほど!」と感じるはずですから。

 もちろん、このロッケー式英文読解法は、考案した講師が、一方的に、スマートに生み出したものでもありません。

 実際、20年以上にわたって、直接、現役高校生、浪人生に、偏差値30の生徒から、偏差値76の生徒まで、実際に授業をし、試行錯誤を繰り返して、生まれたものです。  

 「英文が読めない」「中学の英語も分からない」という人に、半年や、8か月でどうやって、学力を上げていくか、逆に、すでに、マーク式の模擬テストで、200点満点中180点を超えている人が、限りなく満点を目指すために、何をすればいいか悩んでいた例もありました。

 私たちが始めてみて、ロッケー式英文読解法を指導したときも、「本当にこの方法で読めるようになるのかなあ・・・・・・」と、半信半疑で、スタートしたものです。

 そして、いろいろと試行錯誤していくうちに、英語が不得意な人にも、得意な人にも、共通に役に立つ英文読解のコツがクリアになってきたのです。

 ロッケー式英文読解法と出会うことによって、「絶対にあの大学の合格はムリ」といわれていた生徒が、次々と合格していく。

 それほど、効果のある方法です。信じられないかも知れませんが、誇張はありません。

 すべて真実です。

  8月の模試で200点満点中83点だったK君が、 5か月後のセンター試験本番で186点だった・・・    そんな生徒が、毎年毎年複数名いるわけです。

 もともと英語が得意だった人も、この方法で、より精確に英文を読めるようになり、95%以上の実力が絶対のものになる。

 しかも、二次試験の、記述式問題(英文和訳)にいたっては、精確な直訳が出来るようになっているので、センター試験の終わったあとの一ヶ月で、その直訳を自然な訳に変えていく練習をするだけでよくなる。

 ある生徒は、センター試験「本番」の各予備校の合格可能性判定がE 判定だったのにもかかわらず、二次試験(英語だけ)で、高倍率の中、見事に合格。ここでも、ロッケー式の効果が現れています。

 いわゆる二次逆転ですが、他の受験生に比べて、英文読解、英文和訳が、圧倒的に、得点できていたものと思われます。

 英語が苦手だったK君。

 「英文読解からはじめよう!」との先生のアドバイスに、彼は、持っていた英単語集をすべて捨てた。 (※彼は、本当に捨ててしまったのですが、実際は、英単語集は、英文が読めるようになってから、チェックで利用できるので、一応とっておこう。)

 彼が最初に行ったことは、英単語集を捨てたこと

 理由はカンタン。

 「英単語集で単語を一生懸命暗記していたけれど、英文がさっぱり読めるようにならない。そんなことを続けていても、本番に間に合わないと自分で気づいたから。

 そして、英文読解からはじめることにして、大成功した。

 とにかく「ロッケー式英文読解法」の授業を受けて、それを最低、4回は復習した。

 そしてマーク式の過去に共通で行われたテストを、長文読解を設問も含め16年分(本試8年分・追試8年分)細かく、完全に読みこなし、出てきた単語も、熟語も、文法も、十分に理解したうえで覚えた。

 必死にそれだけをやっていたら、英語に関しては、それだけで、終わってしまった。

 本番まであと2週間。 本当にそれだけ。

 気づいたときには、自然に英文読解力がアップしていた。

 「あれ、英文がよめる!しかもスラスラ」 それしかやっていなかったので、あわてて、文法問題集をやったら、すらすら進んで、2冊の問題集をやり終えて本番。 得点は、186点。

 ちなみに、前の年、受けた時の点数は、なんと!48点(200点満点中)  

 もちろん、ロッケー式英文読解法で、学習すると「英文読解」だけでなく、「英文法」「英単語」「英熟語」「英語構文」「リスニング」でも、グンと力をつけることが出来るのです。
 
 たとえば、ロッケー式英語長文読解を合宿で集中的に受けたWKさんは・・・・・・【 合格体験記】↓

 

 高校3年生の1学期まで、受験勉強どころか、定期テストさえ真剣に取り組んでおらず、夏休み直前に、さすがこのままでは危ないと思い、合宿に参加しました。

 それにより、元々得意だった教科は、さらに良く、不得意だったものも、模試などで、徐々に上がっていった。

 特に、長文(英語)の読み方などは、すごくよかった。

 模擬試験のときもあわせて、センター試験本番が、自己最高点となった。

 夏からでも、気を抜かずにやれば、きちんとできたんだとわかった教科でもあった。

 合宿を境に、長時間勉強するのが平気になって、やる気もめきめき沸いてきた。

 「国公立大学はムリ」と、学校でも言われ続けた私であったが、それでも、国公立大学に合格できたことは、夏の合宿のあの5日間の特訓の力が、とても大きかったと思う。

某国公立大学 教育学部合格 W.K さん(県立N 高校出身)

 

 どうです? でも、依然としていろいろな疑問があることでしょう。

 以上、述べてきたとおり、私たちは、実際に授業を行って、そのノウハウを蓄積してきました。

 指導する側のノウハウだけでなく、どういう順番で、どういうタイミングで、どういう速さでやるのが、一番効果があるか?

  そして、どういうテキストの構成が一番、効率的で効果があるか?
 これらの講義とテキストを集約したものが、「ロッケー式英語長文」読解講座です。

  

 もし、あなたが、大学入学共通テストを受験するのであれば、マーク式の過去の入試問題をカンタンに気軽に、この講座ではじめることが出来ます。

もし、あなたが、すでに、過去問を解いているのならば、この講座を受けることで、自分でこなすよりも三倍深く読めることに、ショックを受けることでしょう。

もし、あなたが、全く英語が不得意で、これまで、挫折していたとしても、この講座によって、「これなら、分かる」と、その方法があまりに受け入れやすくて、拍子抜けするでしょう。

 

ロッケー式英文読解法を実際に受講した受験生の感想は?

続きは →こちら